少量規制対象外のカードローンと総量規制の対象となる借入

総量規制対象外になるかどうかは、金融機関とローンの種類によって異なってきます。
カードローンは総量規制の対象になると考えている方が多いですが、そうでないローンもあります。
消費者金融の多目的カードローンに関しては対象になりますが、銀行カードローンは総量規制対象外となるのです。

少々ややこしいですが、銀行や信用金庫などのカードローンに関してはすべて総量規制対象外となります。
これに対して消費者金融や信販会社などのノンバンク系は、多目的のカードローンは対象になり、目的融資に関しては対象外となるのです。
例えば、事業資金用のカードローン、おまとめ専用ローンなどは、消費者金融が提供していても総量規制対象外になります。
ただ消費者金融のローンのほとんどは多目的用ですから、一般的には消費者金融のローンは総量規制の対象になると考えられています。
おまとめローンの借入先として銀行や信用金庫が選ばれる理由は、総量規制対象外になるからです。
ローンのおまとめは高額の借入になることが多いため、総量規制の対象となるローンだと目的の金額を借りられないことが多いです。
複数社から借入している方の多くは、総量規制のギリギリまで借りていることでしょう。

まとめるとノンバンクの消費目的のローンに限定し、総量規制が適用されることになります。
カードローン、キャッシング、フリーローンなどが対象となり、年収の3分の1以内の借入に制限されるのです。
総量規制は他社ノンバンクの借入も含めて計算される点には注意してください。